トップ  > ☆高齢者について  > 認知症について ③アルツハイマー型認知症
もみじビル 福岡市南区清水1丁目24-31 浪花モンテビヤンカ3F phone to092-555-2590

 シニアの為のアンチエイジング体操 ぴかぴか(新)ぴかぴか(新)ココフルぴかぴか(新)ぴかぴか(新) 

アンチエイジングで介護予防!!
●各市町村の介護予防事業や各種講座 ●各種介護施設 ●高齢者サロン ●シニアクラブ ●自主グループ などへ出張し、
ココロカラダの健康づくりをお手伝いします!!!
 


 
スピーカー今月の一押し情報ワッショイ
 
もみじ スポーツの秋 もみじ
Let'sBall(レッツボール)ゲーム大会 
10月18日(金)開催!!!
詳細は今すぐ こちらワッショイ
 


シニアの為のアンチエイジング
   ココフル


ココロ
  カラダ
    健康に♪


TEL 092-555-2590
※教室中などで電話に出れない場合がございます。折り返し致しますので留守電にメッセージをお願いいたします。

 

営業時間
  
  ☆月曜日~金曜日(9:00-18:00)

※営業時間外(土日祝含む)の出張もご相談ください
 
出張教室お申し込み方法

こちらをクリック!
 
お問い合わせはお気軽に
 


 
ボランティア募集中!

体操教室やイベントにボランティアとして参加していただけます!

こちらをクリック↓
 
スマートフォンをご利用の方へ



QRコードを読み込み、ホーム画面に登録するとココフルのアイコンが簡単にできますexclamation
 
 

ココフル事務局

〒 815-0031
福岡市南区清水1丁目24-31 浪花モンテビヤンカ3F

  • 電話:092-555-2590
  • FAX:092-555-2724

認知症について ③アルツハイマー型認知症

『認知症』といえば、誰もが他人ごとではない気になるワード。今や85歳以上では4人に1人にその症状があるといわれています。最近ではココフルにも、認知症予防の為の教室依頼も増えてきました。認知症予防には食事と運動!と言われていますが、皆さんはどんなことを実践されていますか?

しかし、そもそも『認知症』って?いったいどんな病気なのでしょうか??予防する為にも、まずはしっかりと『認知症』を知る事が大切です。
前回は②MCI(軽度認知障害)って何?ついて記載しました。では、今回も『認知症』について考えていきましょう。
 
認知症について ③アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症は、認知症のうちおよそ半数を占める三大認知症の中の一つです。名前の通り、アルツハイマー病が原因となっている認知症の事ですアルツハイマー病は記憶や思考に障害を生じる脳の病気で、1906年にドイツのアルツハイマー医師によって初めて症状が報告されました。その多くは65歳以上で発症し、ゆっくりと、しかし確実に症状が進行していきます。男性よりも女性に多いとされているそうです。もともと、アルツハイマー病は65歳未満の人に起こる病気とされていて、高齢者の認知機能障害とは区別されていました。しかし、脳内に起こる異常に共通点が多いことから、両者をまとめて「アルツハイマー病」と呼ぶようになりました。


アルツハイマー病は脳の萎縮が起こっています。主に大脳のなかの『大脳皮質』と『海馬』と呼ばれる二か所に集中してダメージを受けるため『大脳皮質』の記憶・認識・判断・思考・運動・感情・言語の理解と表現、そして『海馬』の司る学習と記憶に影響を与えます。そのため、代表的な症状である「物忘れ」や時間や場所などがわからなくなる「見当識障害」などが引き起こされるのです。


アルツハイマー型認知症の特徴
●記憶障害が起きる
●判断能力が低下する(料理の手順が分からない・服がちぐはぐ)
失認、失行など見当識障害が起きる(日付が分からない・居場所が分からないなど)
●様々な周辺症状が出る(物盗られ妄想・徘徊・介護拒否など)

 

認知症について、次回もまた一緒に考えましょう